信託に関するよくあるご質問

実務経験豊富なエステートプランニング弁護士が、ご質問にお答えします

エステートプランニングには、非常に複雑な手続きが伴う場合があります。信託は大半の人々のニーズに対応できますが、種類が様々あり、どれがご自身の状況に適しているかおわかりにならない方もいらっしゃるでしょう。本郷法律事務所なら、信託に関するお客様の疑問に答え、お客さまのニーズを満たせるエステートプランの作成をサポートできます。

エステートプランニングを専門に手掛ける本郷友香弁護士なら、日本およびハワイのお客様にエステートプランニングをわかりやすくご説明できます。弁護士としての実務経験や知識、バイリンガルとしての語学力、日米双方の文化に関する知識を持つ本郷弁護士なら、安心して法的手続きを任せられます。

信託に関するよくあるご質問には、以下が含まれます。

これ以外のご質問については、お問い合わせの上、ホノルルの事務所でのご相談をご予約ください。年2度の日本への帰国時にも、本郷弁護士がお客様の財産状況やご要望を直接お聞きし、選択肢をご説明した上で、ご家族による将来への準備に役立つエステートプランの作成をサポートします。

生存信託とは?

信託とは、資産を他者の利益のために保管するための法的手続きのことです。中でも、ご自身の生存中に設立されるものを、生存信託と呼びます。これとは対照的に、ご自身の死後、遺言状に残した指示に従い設立されるものを遺言信託と呼びます。生存信託には、ご家族によるプロベート手続きの回避に役立つ様々な種類のものが存在します。

ページトップに戻る

信託は債権者からの資産保護に役立つ?

生存中の変更が可能な撤回可能信託の場合、債権者からの資産保護には役立ちません。この場合、信託資産はすべて、ご自身の資産とみなされます。債権者がご自身との裁判に勝訴した場合、これらの資産は差し押さえられる可能性があります。一方、撤回不能信託に入れた資産は、法的にはご自身の所有資産ではなくなるため、債権者から保護されます。

ページトップに戻る

信託があっても、遺言状は必要?

信託が適用されるのはご自身が信託に移した資産のみのため、遺言状が必要となる場合もあります。たとえば、車、当座預金口座、未払いの税還付金、宝飾品や骨董品などの個人資産など、信託には含まれない資産の分配に関する指示を、遺言状に記載したい場合などです。ただし、遺言状には、プロベート手続きが必要になります。

ページトップに戻る

信託は遺言状に優先される?

その場合もありますが、信託と遺言状の内容が矛盾している場合に限られます。たとえば、息子に相続させるため自宅を信託に入れた人が、何年か後に自宅を孫娘に譲る意思を遺言状で示していたとしても、信託の更新が行われていないと、自宅の所有権は息子に移転されてしまいます。実務経験豊富なエステートプランニング弁護士を雇えば、こうした事態を避けることができます。

ページトップに戻る

信託に入れられる資産の種類は?

信託には、自宅、建物、土地などの不動産、銀行や信用組合の預金口座、投資口座、株式、債券など、様々な種類の資産を入れることができます。また、生命保険契約や所有事業、宝飾品・骨董品・収集品などの個人資産も、信託に入れられます。

ページトップに戻る

信託にはプロベート手続きが必要?

いいえ。プロベート手続きが不要な点は、エステートプランニングに信託を利用する主な利点の一つです。所有権の移転は信託設立時に成立し、ご自身の死後、ご自身が指名した後任受託者により、ご自身が指名した受取人に所有権が移転されます。信託は、すべての資産の移転が完了した時点で終了します。

ページトップに戻る

信託に対して異議が申し立てられる可能性は?

信託資産の所有権移転を阻止するため、訴訟が起こされる可能性はあります。ただし、訴訟を起こすには、たとえば「信託が州法に違反している」「譲与者に遺言能力がなかった」「不当な威圧により作成された」などの根拠が必要とされます。

ページトップに戻る

信託が公表されることはある?

いいえ、ありません。これも、信託と遺言状の主な違いの一つです。資産分配の詳細を含む遺言状の内容は、プロベート手続きにより公表されてしまいますが、信託ならプライバシーが保護されます。信託資産にはプロベート手続きが必要とされないため、内容が公表されることはありません。

ページトップに戻る