ハワイ州の各種プロベート

実務経験豊富な弁護士が、お客様によるお手続きをわかりやすくサポートします

愛する人の資産がプロベートの対象となることが確定しても、次に何をしたらいいのかわからない場合がほとんどです。プロベートにはいくつかの種類があり、お客様の状況にどれが適しているかは、多くの要素に左右されます。本郷法律事務所なら、お客様によるお手続きを、一つひとつわかりやすくサポートできます。

本郷友香弁護士が、愛する人を亡くされたご遺族によるプロベート手続きを、一つひとつわかりやすくご説明しながらサポートします。日米両方での居住・就労経験、弁護士としての実務経験や知識、バイリンガルとしての語学力を活かし、愛する人を亡くされたご家族が直面する言語や文化の障害を解消します。

プロベートは、多くの人にとって非常にわかりにくい手続きです。専門の弁護士を雇うことで、問題に率先して対処し、資産を最大限に保護することができます。ハワイ州には、プロベートに使用できる手続き方法がいくつかあります。お客様の状況にどれが適しているかは、多くの要素に左右されます。

少額遺産

少額遺産は、巡回裁判所の少額遺産部により処理される、簡素化されたプロベート手続きです。亡くなった人が不動産を所有していて、総資産額が10万ドル以下の場合に限りこの手続きを選択できます。資産は、死亡通知の発表後、債権者に限られた請求期間が与えられた後に分配されます。

簡易(非公式)プロベート

簡易プロベートは、法廷審問のない事務手続きです。受取人同士の揉め事がなく、債権者による取り立てなどの問題がない場合はこの手続きを利用できます。遺産管理人は、裁判所への申請書提出義務や、プロベート手続き全体の監視責任を負います。すべての資産の分配が完了したら、遺産管理人は裁判所に精算書と最終弁論を提出します。

非監視公式プロベート

非監視公式プロベートは、遺産に関する揉め事がある場合に利用されます。このタイプのプロベートでは、裁判所がより大きな役割を果たします。遺産管理人による不動産の売却や資産分配を含む措置には判事の承認が必要とされ、受取人同士の揉め事や未払い債務も判事により解決・清算されます。簡易プロベートと比べると、時間も費用もかかります。

監視公式プロベート

遺産に関する深刻な不和がある場合は、すべての手続きが裁判所により監視されるこのタイプのプロベートが有効です。このタイプのプロベートは通常、大きな不動産や高価な資産があるご家族が利用されます。法廷審問も複数必要とされるため、多くの時間と費用を要します。

本郷弁護士なら、お客様の状況に最も適したプロベートの種類をアドバイスし、手続きをわかりやすく説明できます。また、亡くなられた方のご希望に沿ったプロベートの適切な実施、遺産目録の作成、債務の清算、資産の分配を実現できます。

ぜひお問い合わせの上、当事務所のサポート内容やプロベート手続きに関するご相談をご予約ください。本郷弁護士が、ホノルルの事務所または年2回の日本への帰国時に直接ご相談にお乗りします。