プロベートに関するよくあるご質問

実務経験豊富な弁護士が、お客様のご質問にお答えします

プロベートは、非常にわかりにくくストレスになりやすい手続きです。法律が複雑な上に、遅れや費用の増大をもたらす問題が次々起こる可能性もあります。実務経験豊富な専門の弁護士を雇うべきなのはそのためです。本郷法律事務所なら、プロベートに関するお客様の疑問にお答えできます。

本郷友香弁護士が、愛する方を亡くされた日本およびハワイのご家族によるプロベート手続きを、わかりやすくサポートします。これまでも、弁護士としての実務経験や知識、バイリンガルとしての語学力、ユニークな経歴を活かし、ハワイでのプロベート手続きで直面する言語や文化の壁の克服をサポートしてきました。

プロベートに関するよくあるご質問には、以下が含まれます。

ぜひお問い合わせの上、お客様の状況やサポート内容に関するご相談をご予約ください。本郷弁護士が、ホノルルの事務所または年2度の日本への帰国時に直接ご相談にお乗りします。また、お電話やテレビ電話でのご相談にも対応できます。

亡くなった人が不動産を所有していない場合の手続きは?

ハワイに不動産を所有していない、個人資産額が10万ドル未満の方が亡くなられた場合、プロベートは必要ない可能性があります。必要な手続きは、個人資産の回収に関する署名済み宣誓供述書の提出するだけです。この場合、非常に短期間で資産を回収できます。

ページトップに戻る

プロベートの所要期間は?

遺産のプロベートにかかる期間は、多くの要素に左右されます。少額遺産のプロベートなら数か月で完了する場合もありますが、高額遺産の場合は最大1年かかることもあります。さらに、受取人の居場所がわからない、不動産を売却できない、債務に関する揉め事がある場合、手続きがさらに遅れる可能性もあります。

ページトップに戻る

プロベートにかかる費用は?

プロベートにかかる費用は、多くの要素に左右されます。通常費用には、裁判所の費用、査定費用、保証費用、会計処理費用、未払いの請求や税金が含まれます。手続きにかかる費用は、遺産の規模や利用される手続きの種類によっても異なります。実務経験豊富な弁護士なら、お客様の状況を踏まえ、予想コストをアドバイスできます。

ページトップに戻る

プロベートには弁護士が必要?

プロベート手続きには必ずしも弁護士は必要とされませんが、弁護士を雇うのが得策です。プロベートには、遺産目録の作成、資産の査定、債権者への通知、未払い債務の支払い、残った資産の分配など、数多くの複雑な手続きが伴います。実務経験豊富な弁護士なら、手続きをわかりやすく説明し、手続き中に発生するあらゆる問題に対処しながら、遺産保護に必要な措置を講じることができます。

ページトップに戻る

遺書に対して異議の申立てが行われる理由は?

遺書に対して異議の申立てが行わることは稀ですが、遺書が法的要件を満たしていなかったり、本人に遺書を作成する思考能力がなく偽造や強要が疑われる場合は、プロベート手続き中に異議が申し立てられる可能性はあります。遺書に対する異議の申立ては、手続きの遅れ、費用の増大、家族間の口論の原因になります。弁護士なら、遺書を法的な異議申立てから守ることができます。

ページトップに戻る

遺産管理人のプロベート期間中の役割は?

遺産管理人は、遺産のプロベートを監視する責務を担わされます。これには、遺産目録の作成、各種支払の受取り、債権者の特定および債務の清算、税金や各種費用の支払い、残った資産の受取人への分配などが含まれます。実務経験豊富な弁護士なら、複雑な手続きをわかりやすくご説明できます。

ページトップに戻る

遺産管理人に複数の人物が就任することは可能?

遺産のプロベートの監視を担う遺産管理人に2名以上のご家族を指名することは可能ですが、手続き中に難しい判断が必要とされる場合もあるため通常はおすすめできません。遺産管理人全員が手続きに同意できない場合、口論や遅れの原因になるのはもちろん、気分も害されます。

ページトップに戻る

プロベートでよく見られる問題は?

プロベート手続き中には、数多くの問題が発生し得ます。エステートプランなしでご家族が亡くなられた場合、銀行口座やその他資産に関する情報をなかなか特定できない可能性があります。また、債権者により遺産に対する不当な支払請求が行われる可能性もあります。資産の分配に関する口論が家族間に生じ、遺産に対する異議の申立てが行われる可能性もあります。実務経験豊富な弁護士を雇えば、これらすべての問題に対処できます。

ページトップに戻る