弁護士を雇うべき理由

実務経験豊富なエステートプランニング弁護士なら、信頼して手続きを依頼できます

インターネットには、エステートプランニングに関する財務系ツールやダウンロード可能な文書が数多く公開されているため、弁護士を雇う必要があるのか疑問に思われる方もいらっしゃいます。ですが、エステートプランは、単に作成すればよいものではありません。エステートプランは、綿密に考え抜かれ、あらゆる適用法を遵守し、必要な法的文書が揃ったものでなければなりません。本郷法律事務所なら、適切かつ効果的なエステートプランの作成をサポートできます。

本郷友香弁護士が、日本および米国のお客様によるエステートプランの作成を、一つひとつわかりやすくサポートします。弁護士としての実務経験や知識、バイリンガルとしての語学力、日米双方の文化に関する知識を活かし、米国でのエステートプランニング手続きの負担を軽減します。エステートプランニングに関し、弁護士に相談すべき理由は数多くあります。

エステートプランニングに関する法律は複雑

ハワイに不動産やその他資産を所有する日本人のお客様は特に、この点を考慮する必要があります。本分野の法律に精通した実務経験豊富な弁護士なら、お客様によるプランニング手続きを一つひとつわかりやすくサポートできます。複数の種類の資産を所有していたり、複数の受取人を指定したい場合のエステートプランの作成には、より複雑な手続きが必要とされます。弁護士なら、お客様の資産保護に最も適した信託の種類を、お客様の財産状況を踏まえてアドバイスできます。

お客様の状況が複雑な場合

たとえば、米国内の複数の州に不動産を所有している場合、個人退職口座(IRA)に預金がある場合などは、エステートプランニング手続きが複雑化します。また、再婚、家族に障害者がいるなどの家庭状況も、手続きが複雑化する原因になります。慈善団体に不動産を寄付したい場合も、複雑なお手続きが必要です。実務経験豊富な弁護士なら、あらゆる問題を解決し、お客様のご要望に対処できるプランの作成をサポートできます。

弁護士なら法的拘束力のあるプランを作成できる

エステートプランに必要な要素が明確になったら、法的文書を作成する必要があります。弁護士は、すべての文書の適切な作成、所要情報の明確な表現での記載、法律で義務付けられた適切な立会いの実施を確保することができます。文書が適切に作成されないと、裁判所に異議が申し立てられ弁護士・裁判費用がかかったり、手続きに遅れが生じる原因になります。

弁護士ならプランの更新が可能

人生は歳を取るにつれ変化します。新しい家族が誕生することもあれば、家族が亡くなることもあります。結婚や離婚も、家庭状況に変化をもたらします。また、別荘の購入や新口座の開設などにより、所有資産が変化する可能性もあります。弁護士なら、これらの変化に合わせ、お客様のエステートプランを更新できます。

弁護士なら受取人の費用を節約できます

プロベート手続きが必要とされる不動産は、債権者からの支払請求、裁判所の費用、弁護士費用等の対象となります。弁護士なら、資産を保護しご家族にかかる費用を最小限に抑えられる、適切かつ効果的なエステートプランの作成できます。

ぜひお問い合わせの上、将来に向けたエステートプランの作成に関するご相談をご予約ください。実務経験豊富な弁護士が、ホノルルの事務所または年2度の日本への帰国時に、お客様の財産状況やご要望を踏まえたエステートプランの作成について直接ご相談にお乗りします。