ITIN(個人用納税者番号)取得代行サービス

エステートプランニング弁護士が、手続きの負担を軽減します

当事務所のお客様には、米国で税金の支払いを求められながら、社会保障番号を保有していない方がたくさんいらっしゃいます。この場合、個人用納税者番号(ITIN)を取得することで、収めた税金の適切な処理および法的問題の回避を確保する必要があります。本郷法律事務所は、ハワイおよび日本に居住するお客様による、ITIN取得をサポートします。

エステートプランニングを専門に扱う本郷友香弁護士は、CAA(Certifying Acceptance Agent)資格保有者として、外国人によるITINの取得をサポートできる権限を米国国税庁(IRS)から与えられています。ITIN発行に関するIRSの規則に精通した本郷弁護士なら、お客様による取得手続きを一つひとつわかりやすくサポートできます。

ハワイに不動産を保有していたり、事業を運営していたり、毎年決まった期間米国に居住されている方は、米国での確定申告が必要とされる可能性があります。ITINの取得方法には、IRSに直接申請する方法と、IRSのAcceptance AgentまたはCAA(Certifying Acceptance Agent)に取得手続きを代行してもらう方法があります。

お客様に役立つサービスの提供

本郷弁護士は、CAA(Certifying Acceptance Agent)として、お客様によるITIN取得手続きの負担を軽減できます。CAAは、お客様の本人確認書類を認証する権限を与えられているため、お客様はIRSに書類を郵送したり、その他の政府機関に認証謄本の発行を申請する必要はありません。

また、全必要書類の作成や書類への正確な記入など、お客様によるITIN申請手続きを細かく管理し、お客様に代わって申請書類を提出します。ITINの発行後、CAAは直接IRSからITINを受領できます。

日本生まれの本郷弁護士は、日本と米国の両方で居住・就労経験があります。日本語と英語の両方での幅広い法務実務経験を持つ弁護士として、米国でのエステートプランニングでお客様が直面する言語や文化の壁を乗り越えるお手伝いをしています。

本郷弁護士は、日本およびハワイのお客様にエステートプランニングをわかりやすく説明し、お客様による将来への準備をサポートします。エステートプランがないと、死後に不動産はプロベートを通過することになり、資産の分配方法や受取人は裁判所により決定されます。

今からでも将来の準備を始められます

プロベートは、多くの時間や費用がかかることもある、ストレスの多い手続きです。愛する人を亡くした悲しみも癒えない中、家族に言い争いが生じる原因にもなります。今から死後の準備を始めるべきなのは、そのためです。エステートプランを慎重に作成することで、ご家族によるプロベート手続きの回避や、ご要望に沿った死後の資産分配を実現できます。

エステートプランニングは、お客様がハワイに所有する不動産およびその他資産に対してご家族が支払わなければならない税金の額にも影響を及ぼします。本郷弁護士が、お客様の財産状況やご要望について直接ご相談にお乗りし、お客さまのニーズを満たし、お客様が安心できるエステートプランの作成をサポートします。

ITIN取得代行、エステートプランの作成、プロベート手続きの準備に関する詳細を、ぜひお問い合わせください。本郷弁護士が、ホノルルの事務所または日本への帰国時に直接ご相談にお乗りします