エステートプランの作成

実務経験豊富なエステートプランニング弁護士が、いつでもご相談にお乗りします

エステートプランニングは、多くの人にとってわかりにくい手続きです。エステートプランはあった方が良いとわかっていても、作成方法以前に、何から始めればいいのかさえわからない場合がほとんどです。だからこそ、実務経験豊富なエステートプランニング弁護士が必要となるわけですが、本郷法律事務所なら、お客様によるエステートプランニング手続きを、一つひとつわかりやすくサポートできます。

本郷友香弁護士が、お客様の資産を保護し、ご家族のニーズを満たせるエステートプランを、日本およびハワイのお客様と共に作成します。お客さまの多くは、本郷弁護士の不動産報分野の知識、バイリンガルとしての語学力、日本と米国の文化的な違いに関する知識が、効果的かつ適切なエステートプランの作成に非常に役立ったと感じていらっしゃいます。

わかりにくいように思えるエステートプランニングですが、基本的な手順を理解すれば、決して難しいものではありません。

資産目録の作成

資産には、たとえば住居およびその他不動産、車、銀行口座、年金口座、投資口座など、ご自身が所有されているものすべてが含まれます。ご自身が所有している事業も、資産に含まれます。また、宝飾品や骨董品などの貴重品も資産です。所有する不動産の最新の査定価格など、各資産の評価額も決定されなければなりません。

受取人の指定

受取人とは、ご自身の死亡後に資産を受け取る人のことです。資産の分配方法や受取人は、ご自身で決定することができます。受取人には、配偶者、子供、孫、その他親戚などの家族のほか、家族の友人などを指定することができます。ご自身の資産の受取人に、慈善団体を指定される方もいらっしゃいます。

代理人の選任

代理人とは、エステートプランに関してお客様が代理権を与える人のことです。代理人は、病気などによりご自身による判断が不可能になった場合に、ご自身に代わりご自身の財産や医療行為に関する判断を行います。通常代理人には、ご自身の希望を尊重すると信頼できる人を選びます。また、意見を明確に主張でき、代理人としての責務を理解していることも、代理人に必要な要素です。代理人には、必ずご自身の希望を明確に伝えておく必要があります。

必要な法的文書の作成

資産の分配方法に関する指示が明確に示されている遺書ですが、これもプロベート手続きの対象となります。信託は、家族による不必要な弁護士費用や裁判所の費用の支払いを避けられる点で、より良い選択肢となり得ます。永続的委任状や医療委任状は、ご自身が特定の状況に至った場合に、判断を代行できる法的権限を他者に委ねるためのものです。

プランの定期的な見直し

人生の変化に伴い、エステートプランの変更を希望されるかもしれません。たとえば、お孫さんの誕生に伴い、お孫さんに遺産を相続させるための手続きを取りたいと思われるかもしれません。そのため、当事務所では、プランの定期的な見直しをおすすめしています。数年に一度または毎年エステートプランを見直すことで、常にご要望に沿ったプランを確保することができます。

ぜひ今日から、エステートプランニングを始めてみませんか。お問い合わせの上、ホノルルの事務所でのご相談をぜひご予約ください。本郷弁護士が、日本への帰国中にも直接ご相談にお乗りします。