ハワイ在住のエステートプランニング弁護士

資産の保護および死後に向けた計画作成をお手伝いします

エステートプランニングは、多くの人が避けがちな話題です。ですが、死後に家族に残したい資産がある場合、生存中に準備する必要があります。本郷法律事務所は、日本およびハワイのお客様による、お客様のニーズを満たせるエステートプランの作成や死後のトラブル発生の回避をお手伝いします。

本郷友香弁護士が、エステートプランニング弁護士としての豊富な実務経験を活かし、お客様が安心して死後を迎えられる包括的な計画を、お客様と共に作成します。米国および日本の両方での居住・就労経験がある本郷弁護士が、バイリンガルとしての語学力と双方の文化に関する知識を活かし、お客様が不動産分野の法的手続きで直面する障害を解消します。

死というできれば考えたくない話題について考えなければならないエステートプランニングは、後回しにされがちです。また、多くの人にとって、わかりにくい手続きでもあります。本郷弁護士はこうした懸念を理解し、お客様の状況や選択肢について直接ご相談に乗ることで、お客様やご家族に適したエステートプランの作成をお手伝いします。

エステートプランニングとは?

エステートプランニングは、将来のための準備です。エステートプランがあれば、死後や病気等により判断ができなくなったときも、お客様のご希望に沿った遺産分割を実現できます。遺産を保護し、ご自身が支援する慈善団体に遺産を寄付することもできます。またプランがあれば、死後のご遺族のストレスも軽減できます。

エステートプランは、死後にご自身の資産がご自身のご希望に沿い分配されるようにするためのものです。プランがあれば、病気等により判断ができなくなったときも、ご自身の財産や医療行為について信頼できる人に判断を委ねることができます。また、不必要な弁護士費用や裁判所の費用の支払いを回避することもできます。プランがあれば、不要な弁護士費用や裁判所の費用も発生しにくくなります。

エステートプランとは?

エステートプランには、ご自身の死後または病気等により判断ができなくなったときに、ご自身が希望する手続きを示した一連の法的文書が含まれます。ご自身に特有のニーズに対処し、ご家族の将来のトラブルの回避に役立つ文書を、通常弁護士と一緒に作成します。

エステートプランには、様々な文書を含むことができます。遺言状には、ご自身が所有する金員および資産の分配方法に関する指示が記載されます。また、委任状をエステートプランの一部として作成することで、特定事項に関する決定を行える権限を、法的に委ねることもできます。

エステートプランがない場合の手続き

エステートプランを作成せずに亡くなった場合、ご自身の所有資産はすべて、プロベート(検認裁判)手続きの対象となります。ご自身の保有資産は、州の裁判所により分配され、遺産の受取人も、裁判所により決定されます。エステートプランを作成せずに病気等により判断ができなくなった場合は、判断を代行する後見人または資産保全者が裁判所により任命されます。

エステートプランがないということはつまり、ご自身の金員や資産が、ご自身が望まない人々に譲られる可能性があることを意味します。 また、プロベート手続きには、弁護士費用や裁判所の費用が伴うだけでなく、受取人や受取金額をめぐり、家族内に言い争いが生じる可能性もあります。

将来のトラブル回避に役立つエステートプラン

事前にエステートプランを作成しておけば、何かあったときのご自身およびご家族の負担を軽減できます。将来に備えることは、必ずしも難しいことではありません。本郷友香弁護士なら、お客さまのニーズを満たし、愛するご家族の保護に役立つプランのお客様による作成を、一つひとつわかりやすくサポートできます。

死について考えたい人はいませんが、エステートプランがないと、何かあったときのご家族のストレスや負担が増加します。エステートプランがあれば、希望通りの資産分配を確信でき、安心して老後や死を迎えることができます。

本郷弁護士は、ハワイに居住するお客様はもちろん、日本に居住しながらハワイに不動産およびその他資産を保有するお客様によるお手続きもサポートできます。本郷弁護士がお客様の状況、金融資産、ご要望を踏まえいつでもご相談にお乗りし、お客様に適したお客様によるエステートプランの作成をお手伝いします。

ぜひ今すぐお問い合わせの上、ご家族の明るい未来を実現できる当事務所のエステートプラン作成サポートの詳細に関するご相談を、ご都合の良い日時にご予約ください。本郷弁護士が、ホノルルの事務所または年2度の日本への帰国中に直接ご相談にお乗りします。お電話またはテレビ電話でのご相談にも対応できます。