お問い合わせ

実務経験豊富なエステートプランニング弁護士が、直接ご相談をお受けします

遺産分割計画などのエステートプランニングは、後回しにされがちです。大抵の人は、死後に関する話題を避けようとします。ですが、エステートプランが作成されていないと、死後の家族トラブルや高額な出費の原因となります。実務経験豊富なエステートプランニング弁護士を雇うことで、ご自身の資産を保護し、将来的な問題の発生を回避することができます。

本郷法律事務所の本郷友香弁護士は、日本およびハワイのお客様による、お客様のご要望を満たせる包括的なエステートプランの作成をサポートします。また、愛する人を亡くされたご遺族を、複雑で長期間を要することもあるプロベート(検認裁判)手続きの代行を通しサポートします。

米国居住者・非居住者の両方のニーズに対応

本郷弁護士は、日本で生まれ、米国で育てられました。ロサンゼルスのロヨラロースクールを卒業後、弁護士資格を取得しホノルルに法律事務所を設立。それ以降、米国の居住者および非居住者の両方によるエステートプランニングやプロベート(検認裁判)手続きを専門にサポートしてきました。

日米両国での居住経験を持つ本郷弁護士は、米国での法的手続きで日本人が直面する言葉や文化の壁の存在を承知しています。本郷弁護士なら、バイリンガルとしての語学力、法律分野の専門知識、双方の文化に関する知識を活かし、お客様のご要望を満たすことができます。

エステートプランがない場合、たとえ遺書があってもプロベートが完了するまで遺産分割・財産分与を行えなくなる可能性があります。その間、債権者からの支払請求や、家族間のトラブルが発生すれば状況はさらに悪化します。専門の弁護士を雇い事前に適切かつ効果的なプランを作成しておけば、こうした問題を防ぐことができます。

今からでも、死後の計画を立てられます

エステートプランニングやプロベート(検認裁判)は、どう対処すべきかわからない人がほとんどです。本郷弁護士が、お客様の状況や選択肢について直接ご相談をお受けし、不動産法分野の専門知識を活かし、お客様の法的手続きを一つひとつわかりやすくサポートします。

当事務所は、信託、遺書、死亡時譲渡証書、委任状など、エステートプランニングに関するあらゆる手続きを扱っています。また、愛する人をなくされたご遺族を、プロベート(検認裁判)手続きの代行を通しサポートしています。さらに、企業によるキャプティブ保険会社の設立を通した、リスク管理もサポートしています。

エステートプランニングやプロベート(検認裁判)にまつわる法的手続きは、複雑でストレスを伴います。そのため、当事務所は、まずご自身およびご家族の負担を軽減することを第一に、複雑な手続きをお客様にわかりやすく説明し、死後に向けた計画作成をサポートします。エステートプランニングがあれば、死後にご要望に沿った遺産分割・財産分与を実現できるのです。

エステートプランニングは、安心して死を迎えられるための準備です。詳しいサポート内容について、ぜひ当事務所にお問い合わせください。本郷弁護士が、ホノルルの事務所または来日時に直接ご相談をお受けします。ぜひお問い合わせの上、お客様のご都合に合う場所・日時にご相談をご予約ください。

本郷法律事務所

2155 Kalakaua Ave #410
Honolulu, HI 96815
(808) 204-4700
詳細を見る